banner

広告宣伝費

社団法人による設立後の広告宣伝費

一般社団法人設立により、その社団法人が行う事業について新聞などの折込チラシやあるいはテレビ、雑誌などへの広告については、費用計上として損金扱いが可能です。すなわち広告宣伝費として費用計上が出来るため、その金額分だけ黒字を圧縮します。黒字が少なくなれば、当然ながら黒字に対して課税される税金は少なくて済む話になります。

この広告宣伝費としての計上では、場合によっては交際費として認められる可能性もあり、交際費の場合は50パーセントまでしか計上が出来ないため、広告宣伝費の場合の100パーセントに比較して、その差額分だけ税金計算の対象になってくるわけです。

社団法人として設立をして、広告などを行うことそれ自体は問題はないわけですが、社団法人であっても経理処理は必ず行わなければなりませんし、税金を正しく申告して正しく納税を行うことは当たり前のことです。したがって、交際費に該当しないかどうかはよく確認をしなければなりません。

社団法人設立以後の経理については、正しく経理処理がなされることは当然のことですが、設立時に税理士などに依頼をした場合にあっては、彼ら士業の人に相談を行うなどして、申告誤りや申告漏れが生じないように行うことは当然です。もし、ここで申告漏れ等による追徴課税などが行われれば、その分だけ課税額が大きくなり結果として税金も多く支払わなければなりません。税金は少ない場合は税務当局は指摘をしてきますが、税金を多めに徴収していた場合は税金が多いですよと指摘をしてくることはまずありません。そのため、正しく適正に申告を行うことが重要になってくるわけです。

社団法人設立による様々な手続きの中で、経理関係特に税金の支払いなどは、顧問税理士などを委託して対応を行うようにした方が無難です。設立時に税金関係の届出を行った際に、税理士に委任して行ったときなどは、その人などを通じて対応を行うようにするなどの工夫が大切となります。つまり、社団法人設立時にも話をしている以上、どのような法人なのかある程度は税理士側でも把握をしているためです。

一から説明をする手間が省けますし、税理士側も全く知らないところから一からやっていくことは困難ですから、ある程度事前情報を持っている社団法人の方がやりやすいと感じられることでしょう。つまり、依頼する側も依頼を受ける側も、この委任に関する事柄は双方にとってメリットが生じるわけです。

Copyright(c) 2015 社団法人を設立後の宣伝方法 All Rights Reserved.