banner

マニュアルの存在

2015-12-30

社団法人設立に関するマニュアルの存在

一部の法人設立を請け負う士業の専門家の中には、社団法人についての設立に伴うノウハウを独自にマニュアル化質得るところがあるとも言われています。確かに慣れてしまえばあとはそれに従って、一つ一つを確実に処理を行うだけですから、いったんマニュアル化できてしまえば、ルーチン作業で前に進められる可能性は高くなります。

一方で社団法人の場合は、特殊な案件も存在するとも言われており、マニュアル化では対応が出来ずやはり人手と経験が必要になることも想定されるところです。そのため、できる限り社団法人設立に関しては、自分たちで対応が出来るようにある程度の知識を有することが求められます。

最終的には士業の専門家に任せるにしても、最初から関わらないというのでは、その姿勢が問われることがあり得ると言うことです。なるべく当事者意識を持って関わっていくことで、社団法人の設立について深く関わっていく姿勢をしっかりと見せることが大事となります。

社団法人の設立には、多くの士業が関われる余地があります。書類の代行提出であれば行政書士が可能ですし、法務局での登記申請であれば司法書士が、さらに登記完了後に行わなければならない社会保険及び厚生年金加入の手続きは社会保険労務士が行うといった具合に、依頼や段取りをしっかりと行うことで対応が出来るものが存在します。

士業にはそれぞれ代行で出来る範囲が決められています。それぞれの関係する法律で定められているもので、その範囲内のことは各士業に任せるようになっているわけです。

なお、法務局での登記が完了した後には、税務署への申請も必要になってきます。税務関係ではそれ以外にも都道府県の税務事務所や市町村役場の税務担当課にも届出をしなければならない場合があり、代理申請を行うことで簡単に書類ができ、申請もできる場合があります。

社団法人設立には、相応に手間がかかります。また専門用語も多く、言葉が分かりにくい場面も生じるでしょう。したがって、できる限り確実に処理を前に進めるためには、担当する士業の専門家と連携を密にして対応に当たるなどの行動が求められます。

依頼する以上は確実に必要な情報を渡して、対応を依頼することが必要です。その一方で、社団法人設立申請における対応を確実に出来るようにするために、士業の専門家がマニュアルに頼りすぎずに、確実な手続きが行えているかどうかを見極めることが大事となっています。

Copyright(c) 2015 社団法人を設立後の宣伝方法 All Rights Reserved.