banner

段取りと日取り

社団法人設立の段取りと日取りの重要性

社団法人の設立は、時間がかかります。したがって、いくら急いで社団法人設立をしたいといっても、受け付ける役所側で一つ一つ確実に前に進まなければ、話は前に進みません。

そのため、社団法人の設立を急ぐ場合には日取りなどを逆算して計算し、いつの段階では法人が設立されていなければならないのかを確定させ、それに間に合わせるためにはいつ申請を行うかを考えて行くことが重要になるわけです。

社団法人の設立を士業の専門家に委任するかどうかでも、話は変わります。日取りなどを考える場合、その依頼を行うことである程度は時間がかかることを覚悟しなければなりません。しかも士業は全ての申請を行えるわけではなく、法務局での登記申請を行うのは司法書士であり、法人設立後の社会保険や厚生年金への加入手続き代行は社会保険労務士と言ったように、それぞれ役割が異なることをしっかりと知っておくことが大切です。

段取りを進める中で、士業の専門家に依頼するにせよ、反対にしないにせよ、いずれの場合でも相応に時間はかかります。いったん士業の専門家に任せればその点では時間が多少かかろうとも、最終的には完璧な仕事で依頼者を満足させるでしょう。しかしながら一方では、自分たちで申請を行うものは、返戻などの可能性がないとは言い切れず、したがって、時間がかかることが懸念されます。

こうした問題点をよく認識して、段取りをいつまでにどの段階で対応をするか、依頼するのであればいつまでに依頼をして対応をしてもらうのかなどをよく考えなければいけません。士業の専門家に依頼をする場合は、士業側にも都合はありますから、早めの依頼であればともかく、ぎりぎりの依頼では対応が出来ないと断られる可能性すらあります。したがって、早めの対応を考えることが何よりも重要になるわけです。

社団法人の設立は段取りよく進めなければ、そこで話がストップしてしまいます。そのため、できる限り事前に準備を同時進行で進めなければなりません。一つのことが済めば次のことを進めていくといった具合に話をしていくことが重要です。同時進行でも順番はあり、急いで申請を行わなければならないものは、段取りの順番を早めるなどの工夫が求められます。

社団法人は特に代理人として申請をした経験がある士業が少ない傾向にあり、未経験の人に依頼をする場合は、諸事慎重に進めようとするでしょうから、時間がそれだけかかることもよく知っておく必要があります。

Copyright(c) 2015 社団法人を設立後の宣伝方法 All Rights Reserved.