banner

至急にしたい

社団法人設立を至急にしたいとき

社団法人の設立を急ぎたい場合、通常は役所に急ぐように圧力をかけるかもしれません。しかしながら、相手がある話ですから、通常は規則通りにあるいは役所側の対応力不足で、時間がかかる可能性も否定できません。

そのため社団法人を至急に立ち上げたい場合には、逆算をしていつまでにこの書類を役所に出せば間に合いそうか、また登記をいつまでに申請すれば、完了しそうなのかを逆算で考えて行くことが必要です。この計算が出来れば、ある程度は作業が前に進みます。

社団法人の場合、士業の専門家側も余り受け慣れていない可能性があります。したがって、至急に立ち上げたい場合でも、社団法人設立に時間がかかることをしっかりと認識して、考えていくことが求められます。士業に依頼をするときでもある程度は時間の余裕を持たさないと、士業側が困る可能性が出てきます。

士業側が社団法人の設立に関する依頼などを受け慣れていない場合には、依頼をしてもそもそも引き受けてもらえない可能性もあり、社団法人設立を考えるときには依頼時に断られる可能性も考慮して、多くの士業の専門家に話をしなければならないことを考慮すべきでしょう。急ぎすぎて実績がないところに依頼をするとかえって時間がかかるばかりで、設立を希望しているときに間に合わないという結果を招くおそれが生じます。それでは本末転倒です。

至急立ち上げたい場合だからこそ、段取りをしっかりと行うことと、士業に依頼することの決断も早くするべきでしょう。

こうした対応こそが非常に重要になるわけです。士業も税理士と社会保険労務士、行政書士などはセットで開業をしている場合もありますから、こうしたところに依頼をするのも時間とコストのカットにつなげられる可能性が高くなります。

社団法人に限らず法人の立ち上げには時間がかかります。その時間がかかることをどこまで許容できるのかが一つのポイントです。したがって、士業側とのやり取りで許容できないような場合には、自らの申請で行うなどなるべく早めに段取りをすることを考えなければいけません。

士業の専門家は確かに経験豊富であり、登記申請のように司法書士が受けられるようなものもありますので、専門家への依頼を早めにすることで対応が出来ることは知っておくべきです。彼ら士業が困ることがないように、依頼時の話し合いや段取り、関係書類の用意などを早めに出来るかが一つのポイントとなるでしょう。

Copyright(c) 2015 社団法人を設立後の宣伝方法 All Rights Reserved.